上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任国外旅行を利用し、9泊10日でアフリカ最北南の南アフリカに行って来ました。




キリマンジャロ以来、ウガンダを出るのは半年ぶり。




そして先進国に行くのは1年半ぶり。




南アフリカの空港のきれいさ、床のツルツル感、トイレ後の手を乾かす機械の威力にまず感動!!




南アフリカはアフリカ大陸には位置しますが、日本よりも街にゴミが一つもなく、とってもキレイ!!



どこの海も青く透き通っていて、テーブルマウンテンという街の中心に立つ岩山にはいつまでも目を奪われるほど。

P1010604 (400x300)




空港に着いた翌日は早速街を散策。




観光地であるケープタウンは二階建てバスでこのように街を一周観光できます。

R0023241 (400x300)


どの道を通っても、建物一つ一つ、かわいいこと^^

R0023106 (400x300)


私の大好きなアフリカンクラフトもずら~っと並ぶ。

P1010169 (400x300)


さすが、世界一美しい町並みの一つに選ばれる街だけあり、写真を撮るたび絵になります。

R0024538 (400x300)


テーブルマウンテン(テーブルのような平らな岩山)にロープウェーで登ることに。

P1010193 (400x300)


頂上はまるで飛行機から見ているかのようなきれいな風景。

P1010216 (400x300)


初めてこんなにもきれいな地平線も見ました。

P1010215 (400x300)


南アフリカはワインで有名な国。




日本では高いワインもここでは500円以下で手に入ります。




ワインランドでもあるステレインボッシュという町へ、タウンから電車でいくこと1時間弱。



町は一面ブドウ畑。

R0023525 (400x300)


ブドウ畑の中をこのような観光者向けのトゥクトゥクに乗っていざワイナリーへ。

R0023490 (400x300)




ワイナリーはデザイン性もある建物でまたこれも絵になるのです。


P1010270 (400x300)



ワイナリーの中は工場見学も少しでき、


R0023531 (400x300)



多くのワインを試飲もできます。

R0023517 (400x300)


ワインランドから帰ってきた翌日、喜望峰ツアーに参しました。




バスで海岸線を走り、船に乗って15分。




すぐ近くに野生のアザラシがウジャウジャ。

R0023635 (400x300)




水族館では味わえない自然の壮大さを感じつつ、バスはさらに南下。



アフリカ最南端のそばには野生のペンギン。

P1010440 (400x300)


海岸から上がってくる姿、まだ赤ちゃんペンギン、もうとにかくペンペンペン!!!



360野生のペンギンに囲まれていると思うと、足元にはまたペンギン!!!

R0023797 (400x300)


もう幸せすぎる!!


6日目は同じく旅行していた協力隊と待ち合わし、ウォーターフロントというおおきなショッピングセンターへ。



ここにはLUSH、BODYSHOP始めZARAなど日本にもあるチェーン店が多く入っていて、日本のショッピングモールとは比にならないほどドデカイ!!!!



モールは海に囲まれ、まるでディズニーシーを歩いてるような風景。
P1010485 (400x300)



そして夜にはこのように白のライトアップで統一されたモール。

P1010500 (400x300)


7日目には世界遺産に登録されているロベン島へ。



南アフリカは元マンデラさんが大統領として勤められていた国。



そう、アパルトヘイト制度があり、黒人差別をした国でもあります。


今はすっかり落ち着いたもの、まだまだ汚い仕事は黒人、表に出る華やかな仕事は白人が行っています。



私はマンデラさんが最近亡くなってしまって知ったのですが、アフリカのヒーローなんです。




南アフリカではマンデラさんのグッツだらけ。



私も南アフリカにきて、マンデラさんのファンになりました^^



なかでも好きな言葉「Nothing is Black or White」(黒人か白人かに全く意味はない)




そして「勇気が必要なのは社会を変えることではない、自分自身を変えることだ」です。




ロベン島はアパルトヘイトに反対したマンデラさんが30年もの間収容された島です。



その島には多くのお墓があり、多くの黒人が亡くなりました。



多すぎてお墓が作れなく、このように石でお墓を作ってありました。

R0023957 (400x300)


こちらがマンデラさんが30年もの間住んでいた牢獄。

R0024124 (300x400)


ひどく狭く、かわいそうと思いましたか?



私と一緒に旅行した元協力隊の見方は真逆でした。



「私の家よりしっかりしてる!バーグラも頑丈だ!」が最初の一言。



さすが世界一ひどい住居環境と言われるウガンダ隊、自分の家のほうがひどいのです。




しかし周りの観光客は口を押さえて涙ぐむ人も。




私達それ以上にひどい生活してるんだね、と肩を落とす私達。



しかもこの収容所、水洗トイレもあった。電気もある。



今このブログ書いてる私はろうそく一本。



違うな~南アフリカ。収容所でも快適なんだ。。。。。



このロベン島、人気でなかなか行けないので私達はラッキーでした。



収容されていた当時の様子を、当時収容されていた方から直接話が聞けるのも人気の一つです。

P1010553 (400x300)




お昼は南アフリカの日本食料理店、FUJIYAMIへ。





ここはオーナーさんが日本人なので、まるでまるで日本料理なんです!!



約1年半ぶりに食べる日本食を前にご満悦。

R0023947 (300x400)


みてみて、このお寿司!!

P1010512 (400x300)



席に着くと、おしぼりを出してくれます。



店内はこのようにモダンな雰囲気。

R0023941 (400x300)



おいしすぎる酒、日本食にノックアウトでした。


おいしすぎて2日連続で通いました!!!



日本、すごいよ、日本、万歳!!!!!!!!!!!!



味が繊細!!なって控えめな優しさなの、お酒さん。



私をこんなに虜にして!!!帰さないつもりね!!!!



南アフリカは日本食屋が多くあり、SUSHIという料理が当たり前のように出てきます。



もちろんシーフードもたくさんあり、生牡蠣が毎日食べれ、日本人でも飽きない国なんです。



ウガンダ、バナナしかないからな・・・・・。



そんなこんなであっという間に最終日にさしかかり、ホテルのプライベートビーチでのんびり貝拾い。

R0024453 (400x300)


今まで行った国10カ国以上りますが、一番いい国でした。



物価も日本の半分ほどで、お財布に優しい。



治安も悪くなく、人も優しく、また絶対に来たい!!



同じアフリカなのに電気も水道もないウガンダ。



なんだか色々考えてしまう旅行だった。




ウガンダが南アフリカのような先進国になるには200年じゃ足りないだろう。



最後に・・・・・・・



人が約2年ぶりにマックのバーガーを食べるとどんな顔になるかご存知ですか??




このように涙も出てくるんです。

R0023091 (400x300)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。