上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同期でタピオカ食べたいね~、グミも食べたくない??



そんな話で勝手にできたグミ・タピオカ研究会(GTK)



友人がタピオカ粉をウガンダの中華スーパーで見つけてくれ、ついに作る日が来ました!!

CIMG3738 (400x300)




まずはタピオカ粉100gをいれ、適量のお湯を調整して少しずついれコネコネ。


CIMG3739 (400x300)


こね終わったら好きな大きさに丸め、沸騰したお湯にダイブ!

CIMG3741 (400x300)


茹で上がるとプカ~って浮いてくるのでそれを冷水につけます。


CIMG3744 (400x300)


そして甘~いミルクティーに入れ完成!!!

CIMG3745 (400x300)


味も見た目も本格的!!!

これは本当にびっくりするおいしさ!


しかも冷蔵庫なしで作れました^^




現在グミは冷蔵庫で眠っております。完成が楽しみ^^




第二回GTKは来月開催予定!!

IMGP8394 (400x300)

GTKメンバーと一緒に♪
スポンサーサイト
4月15日、おまじないが叶うスポットがあるということで、ムベンデという地域のナカイマツリーへ行きました。


CIMG3645 (400x300)



ナカイマツリーは日本でいう縄文杉のような立派な木・・・・・。




って聞いてたけど、1回通り過ぎようとしてしまったほど、大きいけど細い木w





縄文杉を見ていた私は少しがっかり・・・・。




まあウガンダクオリティーだから期待しないで置こう、そう友人と決めていったが、ツリーへの近づき方や正装など意外としっかりしてる!!





①まず近くのキャンティーン(日本でいうコンビニ的なところ)でコーヒー豆を買いましょう。

CIMG3646 (400x300)


②値段は一つ200シル(約8円)、二つ購入しましょう。

CIMG3648 (400x300)

③ナカイマツリーに近づくと、なんだかでっかいニャボ(女性)が話し掛けてきます。どうもその人が案内人なので、指示に従いましょう。
看板も出ているので読んでみましょう。
IMGP8251 (400x300)



・・・・・・・・・・




さすが少し遅れているウガンダ人、本当に観光地化したいのか疑問なところ。

外人が来るように英語にするなど考えなし!!    ザ・ルガンダ語でした!!



④女性はスカートで来ていない場合、神聖な場所なのでスカートを身に着けましょう。

CIMG3651 (400x300)


⑤さあ、靴を脱いで、二つのコーヒー豆を持っていざナカイマツリーへ向かいましょう!!

CIMG3654 (400x300)

⑥この二つのボックスに一つずつ、コーヒー豆を入れます。

CIMG3656 (400x300)



⑦右手のおばあちゃんが唱えるおまじないを復唱しましょう。声が小さすぎると、イライラしてはいけません!!ここは神聖な場所、目の前には神様が見ています。

左手の案内人がいくら果物にがっついていても、笑ってはいけません。ここは神聖な場所です。



CIMG3668 (400x300)


⑧お願い事は無限にしてOK! 全て叶えてくれるそうです。


ナカイマツリーに行った人は双子を産むという事も言われています。



松下が双子を産むか、そもそも松下は結婚できるのか?

乞うご期待!!!!



帰りは大好きなゴンジャをたべながら帰宅。



CIMG3690 (400x300)


まずそう、、、、なんて思わないで!!これはバナナの一種。




甘く、すごくおいしいんです^^





こんな形で炭火で焼いて食べます。

IMGP8278 (400x300)



帰国後もきっと恋しくなるこの味。しかしみんなからは貧乏舌と言われます・・・・・。



小さい頃から体が丈夫!



それだけは自慢だった。




ある人から言われたが、JICAボランティアでアフリカに選ばれた人は、厳しい健康診断がSA(スペシャルA)の人のみアフリカへいけるという。




もちろん私もSAだった。




友人からもらったマンゴー。

CIMG3629 (400x300)









ウガンダのマンゴーは甘く、おいしい。




熟したので食べた。




数時間後、体に異変が。




手先がかゆい。



とにかくバケツに水を入れて手を冷やした。



掻き毟ってもかゆい。



そこで水浴びすることに。



水浴び後、かゆさは無くなったが、手が2倍に膨れ上がっていた。




目も浜崎あゆみのようにでかくなり、キラキラしてる!!!


CIMG3626 (400x97)




耳もふくらみ、穴が塞がって音まで聞こえなくなってきた!




唇は閉まらないほど膨らむ。




これは夢だ!!寝れば治る!





そう思って15分仮眠。




起きると喉まで腫れ、うまく息ができない。




これはまずいかもと、やっと気づき、健康管理人に電話。




やはりマンゴーでかぶれたという。



ここはアフリカ、何が起こるかわからない。




THIS IS UGANDA!地方病院は信用できないので、薬局でヒスタミン剤を買うようアドバイスをもらった。




3日分で500シル。(約15円)

CIMG3630 (400x300)





安っ!!




薬局から出ると、ウガンダ人の友人に遭遇!




「おお、ASIANUTじゃないか!新年あけましておめでとう!」



といわれ、もちろんそんな気分じゃなく、(ってかもう4月だし・・)




「薬局で薬買ったんだよ、マンゴーでかぶれたみたいなんだけど、」




という話の途中で「??ここまでバイクで一人で来れたんだろ?じゃあ大丈夫だ、これから飲み行こう!」という友人。




・・・・・・・・・・・・・・・










ここはアフリカ、何を言われるかもわからない。
2014.04.11 最後の試み
雨季が始まり、忙しかった種蒔きも落ち着いてきました^^




今期は雨季が始まってから、毎日雨が降っているので発芽がよく、このまま雨が降ってくれれば収穫もすごく良さそう。





私の任期も約5ヶ月。




いつもの農家さん、ロバートのところへ畑の視察にミスターネリカと一緒に、そうあの有名な坪井さんが来てくれました。




坪井さんが「稲と稲の間に隙間がない箇所と、それとは反対に隙間があいているところが目立つな。隙間があるところに稲を補植していけば、収穫時の収量が全然違うよ」というアドバイスをもとに補植していきました。





こんなにもまばらな稲も、

CIMG3604 (400x300)







補植のおかげでここまでキレイな列に♪

CIMG3605 (400x300)






そしてサブでやっていた収入向上が目的のクラフト。




いよいよ先週からCBO(地域の開発コミュニティー団体)と一緒にビンのフタを使ったリサイクルキーホルダーの作成を始め、今週の水曜、第一回目のクラフトが始まりました。




お金のないシングルマザー5人と作るこのキーホルダーは2000シルで販売予定。(約60円)





2つのキーホルダーを作れば一人に500シル(約15円)渡し、残りの費用は材料費の購入費用と精米機を購入予定。




実はこのCBOも元々3年前に他の国から援助があり、活動は続けていたもの、プロジャクトが終わってから、代表者一人でなんとか活動している状態。




今回の目的はCBOの活動を円滑にするため、クラフトの売り上げで精米機を購入し、その精米機を使いにくる農家さんからのお金で収益をもらい、活動を続けれるようにするため。





その精米機は約70万シル(2万1000円)、日本円だと大した金額でなくても、ウガンダでは立派な大金!!





なんとしてでもこの精米機を購入し、任期内にCBOが活動を続けられるようにしていきたいな。





ビンのフタを組み合わせ、片方にはアフリカ伝統の布、チテンジを貼ったこのキーホルダー。


CIMG3467 (400x300)



特にウガンダはオリジナルの様々なビンの蓋があり、見ていても楽しいほどにカラフル♪



でも使い道はなく、いつも道路に転がっているビンの蓋。





どうにかしてクラフトに再利用できないかな~ってずっと考えていて、やっとできあがりました!!!




軽量なのでお土産にぴったりです^^





シングルマザー達は作ることが楽しくて、毎週水曜日のお昼はマンゴーの木の下で、マットを敷いて一つ一つ手作りしています♪

CIMG3610 (400x300)





これがきっと最後の試み、うまくいくといいな。






チコイ・・・・・みなさんがご存知ですか??






アフリカの伝統的な布生地のことなんです。





今までウガンダの伝統的なものだと思っていたら、そうでもないとの話。





ではどこの国の????    今度(いつか)調べます!!!!




南アフリカに旅行にいったときも、このチコイを使ったクラフトがずらり。




やはり白人が好きな色合いや生地なんでしょう。





もちろん私も大大大大~~~~好き♪




同じ協力隊の人に教えてもらい、工場見学にいきました。





カラフルなコットンが棚に並び、

CIMG3506 (400x300)







お店の中には目の前で織り機でチコイを織っている人。

CIMG3509 (400x300)






そう、目の前で手作りのものが買えるのは本当に嬉しい^^




そしてお店にはチコイを使った様々な商品、クッションカバーやベットシーツ、エプロンなどずらり。

CIMG3501 (400x300)





私も5枚ほど購入。ラッピングもかわいく仕上げてくれた♪

CIMG3520 (400x300)





ここはオーダーメイドもできるんです。これがカタログの一部。

CIMG3505 (400x300)






アフリカン雑貨が大好きな私にとって夢の時間でした^^





最後はみんなでパシャリ

CIMG3516 (400x300)





ウガンダに来た際はこのチコイ工場見学、おすすめします!!

CIMG3511 (400x300)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。